勉強

本格的なパンを作ってお店を持ちたいなら教室に通おう

  1. ホーム
  2. コーヒーを淹れる専門家

コーヒーを淹れる専門家

バリスタ

学べるカリキュラムを確認

カフェやレストランなどで、本格的なコーヒーを給仕することを専門とした職業がバリスタです。コーヒー豆の知識や、コーヒーを淹れる技術を持ち、客の好みに合うコーヒーを作るだけではなく、質の高い接客と心地いい雰囲気を作り上げることもバリスタが提供する大切な仕事です。バリスタとして働くには、カフェやコーヒー専門店などで働きながら技術を身につけていくということもできます。しかし、コーヒーの知識や技術を体系的に学んだり、バリスタの民間資格を取得したいという場合は、民間のスクールに通うのがいいでしょう。スクールは、短期間で学べるものから、半年〜2年間通う本格的なものまでいろいろあります。短期のスクールは、基礎的な部分のみの場合もあるので、身につけたい知識や技術のカリキュラムがあるのか、確認することが大切です。

カリキュラムに特徴あり

バリスタのスクールでは、コーヒーの焙煎、抽出などの知識や技術、エスプレッソマシンの構造や使い方などを学びます。スクールによっては、コースが細分化され、コーヒー豆の種類や生産地、栽培方法を本格的に学ぶコースや、エスプレッソマシンだけではなく、ドリップ式やサイフォン式など、様々なコーヒーマシンを使いこなせることを目的としているコースもあります。または、コーヒーに合う食事やスイーツを学んだりラテアートの技術を習得したりと、スクールによって用意しているカリキュラムは色々あります。数年間通う必要があるスクールでは、コーヒーの淹れ方だけではなく、接客や開業のノウハウ、民間の協会が認定しているバリスタ資格が取得できるなど、プロのバリスタとして本格的に活動するためのカリキュラムが組まれていることが多いです。